身長が伸びない 原因

子供の低身長症

 

子供の身長が伸びないと親は心配するものです。両親が小さい場合はそこまで心配しないかもしれませんが、あまりにも度が過ぎると低身長症の可能性もありますから、あまりにも小さいと感じる場合は早目の病院で相談してみましょう。子供の年齢によりますが、まずは小児科を受診するべきです。小児科を受診すると必要に応じて専門の病院に紹介状を書いてもらえます。専門病院では低身長症の疑いがあれば、成長ホルモンの分泌などをしっかり調べてくれます。

 

子供の身長が低いと感じるきっかけは、他の子供たちと比べる機会となる運動会などの行事が多いです。そこで初めて気づくということも少なくありません。低身長症になっている場合には、成長ホルモンの分泌量が少ないために体の発達がうまく出来ていない状態だと言えます。そのため治療方法としては注射によって成長ホルモンを毎日注入していくようになります。今は在宅でも出来るので、昔に比べるとかなり治療のハードルは下がりました。ただしこれによって改善が出来るのは思春期の成長期までと言われていて、成長ホルモンを打ち続けたとしても、それでもあくまで平均的な身長よりも低い程度にしか成長しないことの方が多いです。

 

母子手帳には子供の発育に関する平均データもありますから、それと比べて極端に低いと感じたら早めに小児科で相談して指示を仰ぎましょう。それが少しでも子供たちの身長を確保するために必要なことです。

 

身長が伸びる時期

 

背が伸びる時期というのはほぼ決まっており、幼い頃を除けば男子は12歳〜17歳、女子は10歳〜14歳あたりの思春期が最も背が伸びると言われています。逆にこの時期に背が伸びないと背が大きく伸びるのは難しくなってしまうため、大人になってからも身長が低くなるのではと心配する人は多いです。

 

今の中学生高校生たちの平均身長は伸びていく傾向が見えますが、その一方で大きく差が開いてきている節もあります。この背景には栄養の問題や生活習慣の問題があると言われていて、成長期の一番成長する時期だからこそしっかりした生活をしたいものです。

 

思春期が最も身長が伸びるのは、成長ホルモンの分泌が最も盛んで骨全体が伸びるからです。大人になると骨の密度は高まっても骨自体が伸びることはなくなりますので、身長を伸ばすと言っても姿勢の改善などでわずかに伸びる程度です。成長期の骨の先端には、「骨端線」という軟骨がありますが、これが大きくなることによって骨がより長くなり体が成長していきます。これは特に睡眠中に成長が起こるので、思春期はしっかり寝ることが大切です。

 

また身長を伸ばすにはカルシウムだけでなくタンパク質もしっかり摂取し、ビタミンD、ビタミンC、鉄、亜鉛などのビタミンやミネラルもしっかり摂取しましょう。要するに栄養バランスのとれた食生活をしっかりすることです。

 

当たり前のように思えますが、このことが塾通いや外食・中食の増加、夜間までの学習やスマホやゲームなどによって害されています。それが習慣化されてくると、なかなか大きく体を作ることが出来ないのです。

 

身長は遺伝で決まるのか

 

身長は遺伝で決まると考えている人は多いと思いますが、遺伝の影響は大きいという説もあれば小さいという説もあります。また遺伝で決まるとは言いますが、実際にはどこからの遺伝の影響が大きいのかということもあります。単純に両親の身長だけを見て判断することは出来ない複雑なものだそうです。家系の中に身長が高い人がいたなら、身長は遺伝的には伸びるかもと期待はしていいと思います。

 

身長については、男性も女性も母親の影響を大きく受けると言われています。顔が似ている方に身長も似るという話もありますが、顔の造形と身長の遺伝はあまり関係ないようです。またそうはいっても同じ人間ですから、よほど父親と母親の身長に差がない限り、その差は誤差の範囲内、せいぜい数cmの差です。こういった差を気にするよりも、生活習慣や環境的な要因からの影響の方が私たちの考えている身長の差を生み出すことが多いようです。

 

遺伝と共に大事なのは成長期にしっかり成長ホルモンが分泌されることであり、そのためには食事、睡眠、運動をしっかり上手に整えることが大切です。また最近はストレスによってこうしたホルモンの分泌などがうまく出来なくなっている人も多いようですから、普段の生活を整えるために頑張りましょう。

 

つまり遺伝は関係あるものの、身長を決める要因としては普段の生活が大事だということです。遺伝ならどうしようもありませんが、生活は変えられるのでその方がうれしいですね。

 

成長曲線で身長を確認する

 

子供の身長や発育には個人差があるものです。早く身長が伸びる子もいれば、後になってからぐんぐん伸びる子もいます。しかし中には病院で治療が必要な低身長の問題を抱えている場合もあります。

 

成長曲線というものがありますが、標準的な身長や体重の成長を曲線にしたものです。母子手帳などにこれが描いてあると思います。それに対して子供の成長曲線を描いてみて、あまりにも乖離が見られるようであれば一度病院で相談してみると良いでしょう。標準的な範囲を大きく外れているのでなければ、正常の範囲内で発育の個性と考えることも出来ますが、差が大きい場合や身長の伸びが明らかに悪くなっている場合には、何かの病気がある可能性があります。

 

低身長の子供というのは100人のうち2〜3人くらいの割合となり、身長が伸びすぎる場合も思春期早発症などの病気がある場合があります。これは成長ホルモンの分泌の量やタイミングの問題があるので、病院で治療することによっていくらか改善することが可能です。成長ホルモンが不足している場合は、成長ホルモンや甲状腺ホルモンなどを治療で補っていくことで治療することが出来ます。

 

身長の伸びに関わる要因は様々なものがありますが、身長はよく伸びる時期とそうでない時期があるものです。ですから調べてみても何も異常は見られないということも多いです。それでも万が一という場合もありますので、成長曲線と比較してあまりにも違いがある場合には一度確認することをおすすめします。

 

和食は身長が伸びる

 

和食というと体にはよいイメージがありますが、欧米人のような食事をしていた方が体は大きくなるのではというイメージがあります。しかし実際には和食と言うのは身長を伸ばすのに最適な食事でもあります。

 

身長を伸ばすためには栄養バランスがよいことはもちろん、特にタンパク質、カルシウム、マグネシウムといったものが必要となります。これらを多く含む食材が洋食と比べて和食には絶対的に多いのです。特に大豆食品の豊富さは目を見張るものがあり、身長を高めるために有効と考えられています。

 

ではどうして日本人は欧米人ほど身長が高くならないのかというと、一つに遺伝の問題があります。日本人が上記のような栄養バランスのよい和食を食べられるようになったのはつい最近の話で、料理としては存在していても食べられない、量が足りない、そういう時代が長く続きました。そのために身長が低い民族として遺伝が繰り返されてしまったのです。しかし戦後からは平均身長は大きく伸びているので、今後はよりよい食生活をすることでもっと平均身長は高まると予想されています。

 

しかし今は逆に欧米化しすぎて、栄養バランスの悪い食事になっている人も多くなっていて両極化してきつつあります。身長がすごく高い人がいる一方で、そこまで大きくないという人もいます。そのために平均身長としては伸びが鈍くなっており、しかし内実はバラつきが大きくなっているのです。和食は栄養学的には身長の伸びる食事ですので、ぜひ意識して食べるようにしましょう。

 

身長が低くてもモテる方法

 

身長が低くて悩んでいる男性は多くいますが、俳優さんには身長が低くてもカッコいい人ってたくさんいますよね。岡田准一さんやトムクルーズなど、モテる芸能人はたくさんいます。背が低くても、魅力あふれる男性にはどんな特徴があるのでしょうか。

 

女性の多くは、背が高い男性を好きになるようです。でも、背が低くてもモテて人気の芸能人っていますよね。岡田准一さんやトムクルーズは170cmということですが、どう見ても170cmなさそうな感じです。それでは、背が低い男子が持てるための7つのポイントをご紹介します。

 

「その1 ファッション」
体を大きく見せようとして、おおきめのサイズの服を選ぶのは間違いです。横長に見えるので、より小さい印象を与えてしまったりします。ジャストサイズの服を着ることをおすすめします。

 

「その2 優しく、寛大に」
器の大きさを見せると、女性はその男性に魅力を感じます。精神年齢の高さを感じるからです。小さなことでイライラしているような男性は、器の小さな男とされてモテません。

 

「その3 母性本能をくすぐる」
かわいらしさを見せると、母性本能をくすぐれますよ。

 

「その4 ギャップ」
背が低くて可愛い印象の男性が、いざという時に男らしさを見せると、そのギャップに惹かれます。背が高い男性が同じことをするよりも、効果的なのです。

 

「その5 自信を持つ」
自信にあふれ余裕のある男性は魅力的です。

 

「その6 気遣い」
女性への気遣いを忘れずに。

 

「その7 趣味を持つ」
何かに熱中している男性は、一途な印象を与えます。

 

このように、身長とは関係なく、内面で勝負をしてみましょう。